運営:(株)ケーエムシーコーポレーション  045-290-8377
秘密の扉を開く
見える夜景のタイプ: 夕夜景 | 郊外夜景 | ライトアップ夜景 | 都市夜景 | アミューズメント夜景 | 海夜景 | 朝夜景 | 大夜景 | 埠頭夜景 | 山岳夜景 | 工場夜景 | 水辺夜景 | 雰囲気夜景 |

夜のクルーズならではの爽快感とともに、工場の夜景をどうぞ♪

 2008年春、横浜に日本で最初の工場夜景を愉しむために生まれた「工場夜景ジャングルクルーズ」をブラッシュアップし、さらに爽快な夜のクルーズを楽しめるようにと考えられたのが、この「工場夜景アドベンチャークルーズ」。2009年夏から発売開始されました。(・(エ)^)♪
 こちらは根岸湾の工場地帯を舞台としたクルーズプランで、外洋をゆくのでクルーザーも最新式で大きめなものを用意しています。横浜ベイブリッジの真下を抜け、本牧のガントリークレーン群を横目に、波を掻き分け“光の城”を目指します。

 プロデュースは前回に引き続き、夜景評論家 丸々もとお氏とわが編集長。「夜のクルーズというのは、闇と光が際立つので、ドラマティックな雰囲気が強調されるんです。だから昼以上にロマンを感じますよ。船もコースも、夜景に浸れる爽快感を味わうためのセレクトになっています。外洋をいくので、海の影響が大きく、出航できるかどうか天候が大きく影響するのも“アドベンチャー”らしい(丸々氏談)」 夜景の癒しを得る方法


こだわり!発見
ロマンティックかつゴージャスに♪
ロマンティックかつゴージャスに♪  「現代のトレジャーハンターをイメージして、最新式のクルーザーで格好よく颯爽と現場に赴くような雰囲気を出したい!」というわけで、見た目、機能ともに優れたクルーザーを用意しました。(^(エ)^)
夜景ナビゲーターが解説
夜景ナビゲーターが解説  臨場感を持って夜景を解説する専門スタッフが同乗。ただ与えられた台本を読むだけではなく、自分らしい表現にトライしている姿がお客さんの微笑みを誘っていました。和やかさもウリのひとつです。
“光の城”はフレアも見ごたえあり!!
“光の城”はフレアも見ごたえあり!!  工場の煙突からあがる炎も工場夜景鑑賞の醍醐味。この炎をフレアと呼びますが、ジャングルクルーズよりも数が多く見ごたえがあります。しかも日本一広い敷地面積を誇る工場なので、延々続くんです。
秘密の扉を開く

リストに戻る

トップへ戻る