トピックス

さっぽろ雪まつり/北海道
2月6日(月)〜12日(日)の7日間
メイン会場となる大通り会場は、大通り公園西1丁目〜西12丁目 
ライトアップは22時まで

さて、各地で
雪のニュースが相次ぎますが、
今回はみなさんご存知の
うれしい雪と氷の祭情報を
お届けします。
(o^(エ)')b

北海道札幌市の「さっぽろ雪まつり」は
1950年にはじまり、
今年で63回目を迎えます。
(^(エ)^)/♪
始メタ当初ハ マダ敗戦ノ色ガ濃ク、
生活物資ニモ 困ッテイタ 時代ダッタソウデス。
簡単ニ言ウト、地元ノ元気ヅケノタメニ ハジマッタヨウ。
マサカ コンナニ続クトハ 地元ノ人モ 思ッテカッタヨウデスヨ。

毎年数が違いますが、
今年の予定雪氷像数は全222基。

その内訳は大通り会場(136基)、
つどーむ会場(26基)、
すすきの会場(60基)を
予定しているそうです。

雪像制作に使用する雪の量は、
なんと5tトラックで、
およそ6千5百台分になるのだとか!!
(◎(エ)◎) ソンナニ!!

札幌の平均降雪は合計597cm、
積雪は最大深さ1mになるそうなので、
街の雪のかたづけも出来て
一石二鳥かと思いきや、
除雪した雪は一切使用しないとのこと。

というのも除雪した雪は不純物が
入っているために倒壊しやすく、
雪像制作時の安全性を確保するためには
不純物のない雪が必要なのだそうです。
そこで今年も1月7日から札幌市内と近郊から
きれいな雪が各会場に運ばれました。
(^(エ)^)b
多クノ方ガ制作ニカカワリ、
多クノ観光客ガ訪レルノデ素材モ配慮サレテイマスネ。

現在は雪の輸送も終わり、
積み上げられた雪の削りなどの
制作作業が始まっているそうです。

雪像、氷像制作をしているのは、
陸上自衛隊、札幌市の職員さんたちのほか、
市民ボランティアや民間の団体、
国際雪像コンクールに参加する
外国人のグループなどさまざま。

ちなみに大雪氷像制作は、
陸上自衛隊の第11旅団が中心となって
北部方面隊と札幌市制作団が担当。
制作テーマは前年7月から
各会場担当のマスコミと
陸上自衛隊の間で決められるそうで、
時には海外視察までするという力の入れよう!!
昨年の11月ごろから資料収集や、
設計、モデルの制作などをしているそうです。
想像以上ノ入魂作品デス〜!! ヽ(゜(エ)゜;)ノ

昨年の観客動員数は
前年より1万7千人少ない
241万6千人だったそうですが、
さて今年は巻き返しできるでしょうか!?


■第63回さっぽろ雪まつり
■入場料:無料
■鑑賞時間(会場によって異なります)
大通会場=早朝から。ライトアップは22:00まで。
つどーむ会場=9:00〜17:00
すすきの会場=早朝から。
ライトアップは17:00〜24:00(最終日は22:00まで)。
■気温:昨年の二月上旬平均気温 −1.6℃
■持っていると便利なもの:ティッシュ、ホッカイロ
思いがけない鼻水や、かじかんだ手足に有効だそうです。

出タ鼻水ハ、ホットクトツララニナッテササリマス。
混雑シタ会場ヲ歩ク時ハ、
大変危険ナノデ ゴ自分ノ
鼻水ノ管理ニハ十分注意シテクダサイ。

・・・・・・・・ナンテネ。ウソデス。( ´艸`)

■以下“ざっくり”交通案内:
東京から新千歳空港まで1時間半、
そこから札幌駅まで40分。

・・・・以下会場別案内。
・大通会場(メイン会場):地下鉄南北線、
東西線、東豊線で大通駅下車すぐ
・つどーむ会場:地下鉄東豊線栄町駅より徒歩8分。
その他市内各所からシャトルバスを運行。
・すすきの会場:地下鉄南北線すすきの駅下車すぐ
くわしくはさっぽろ雪まつり公式HPをどうぞ
http://www.snowfes.com/place/index.html


※イメージ写真は札幌市からお借りしたものです。





(阿部トモ)


2012/01/24